スパイスのガネーシャ公式ブログ。
IndiaCurry & BoNshankarです。
スパイスやインドカレーのことや趣味のことなど徒然なるままに・・・BooM!!

なすのポリヤルのレシピ。ココナッツファインとスパイスがいい感じ!

カテゴリ: レシピ
なすのポリヤル_スパイスのガネーシャ

南インドの代表的なおかず

野菜をスパイスで炒めるだけの簡単レシピです。南インドではポリヤルと呼ばれていますが、日本食でいうと野菜の煮物・炒め物と言ったところでしょうか。ココナッツファインの甘い香りと食感は、スパイスとの相性バッチリ。炒めたチャナダルもカリカリしていて、これまた美味しい!(本当は、フレッシュカレーリーフも使いたいところですが、なかなか手に入らないので、このレシピでは省略してます。)

また、ポリヤルなら旬の野菜をたっぷり食べられます。タッパーで冷蔵保存すれば、常備菜としても活躍しますし、お弁当のおかずにもオススメ。カレーの付け合せとしても、この子はいい仕事しますよ!

 

材料(付け合せで4人分)

なす  3本~4本

ココナッツファイン  大さじ3~4

ホールスパイス
 クミンシード  小さじ1/2

 フェヌグリークシード  小さじ1/4

 チャナダル  小さじ1

パウダースパイス
 カイエンペッパーパウダー   小さじ1/2~1(お好みに応じて)

 ガネーシャ特製ガラムマサラ   小さじ1/2

 コリアンダーパウダー   小さじ1/2

・塩  小さじ約1弱

・油  大さじ4~5

 

作り方

<仕込み>

・なすを1.5cm~2cmくらいのサイズにカットしたら、パウダースパイスと塩で和えておく。
仕込み_なすのポリヤル_スパイスのガネーシャ

 

<1>

まずは、テンパリング。フライパンか鍋で油を熱し、ホールスパイスを入れて中火で香りが出るまで炒める。
 ➣ ポイント :フェヌグリークシードは焦げやすいため、火加減要注意。
テンパリング_なすのポリヤル_スパイスのガネーシャ

<2>

仕込んだなすを強火で炒める。

<3>

油が馴染んできたら弱火に落とす。ふたをして1分~2分程火を通す。

<4>

最後に、ココナッツファインを加えて、強火に火力を上げたらサッと炒めて完成。

<お勧めポイント>

  • フェヌグリークシードは、なすとめちゃくちゃ良く合います。個人的にも、大好きなスパイスのひとつです。
  •  なすは、油との相性がいいので、炒める際の油は通常のレシピよりも多めです。
  •  仕込みの際に、なすをスパイスと塩で和えておくことで、炒める際の焦げ付きを防ぐことができます。
  •  タッパーなどの保存容器で冷蔵保存すれば、4日~5日は持ちます。
  •  お弁当のおかずにも最適です。

 

この記事に関連するページ

ॐ ココナッツファインの商品詳細はこちら>>

ॐ クミンシードの商品詳細はこちら>>

ॐ フェヌグリークシードの商品詳細はこちら>>

ॐ チャナダルの商品詳細はこちら>>

ॐ カイエンペッパーパウダー の商品詳細はこちら>>

ॐ コリアンダーパウダーの商品詳細はこちら>>

ॐ ガネーシャ特製ガラムマサラの商品詳細はこちら>>

商品一覧ページはこちら>>

キャベツのポリヤルのレシピはこちら>>

本格インドカレーレシピ一覧はこちら>>

 

 

カテゴリ: レシピ

カテゴリー

タグ

最近の投稿

店長 大竹 慧
店長の大竹 慧(おおたけさとる)です。スパイスのことやインドカレーレシピなど、皆様の生活の中でご活用頂けるようなお役立ち情報を発信していきます。
スパイスのガネーシャについて>>