スパイスのガネーシャ公式ブログ。
IndiaCurry & BoNshankarです。
スパイスやインドカレーのことや趣味のことなど徒然なるままに・・・BooM!!

辛みの重要性。カイエンペッパーの使い方でインドカレーはもっと美味しくなる

カイエンペッパー_スパイスのガネーシャ

カイエンペッパーの辛みで引き締まった味に

インドカレーの特徴である “辛み” を演出するために使われるスパイスとして、カイエンペッパーがあります。カイエンペッパーとは、唐辛子を乾燥させてパウダー状にしたものですが、辛いのが苦手な方は、入れずに作ることが多いと思います。
僕も、子ども向けに作るときは入れないですし、当店が販売している各種スパイスセットは、カイエンペッパーを別袋に入れてあるので、お好みに応じて調整可能です。

しかし、個人的には辛みを効かせた方が、断然美味しくなると思います。なぜなら、カイエンペッパーには、他のスパイス香をグッと際立たせる効果があるからです。また、引き締まった味にしてくれるので、口に入れたときのインパクトが強くなります

特に、かぼちゃやココナッツミルクなどを使う場合は、辛みを効かせた方が、それらの甘みがグッと前面に出ます。“辛み”と“甘み”、相反する味覚が、お互いを刺激し合い、深みのある味に変化させてくれるのです。

 

ポイントは、食べる直前に辛みを決めること

当店が紹介しているレシピでは、調理の途中でカイエンペッパーを入れる工程になっていますが、一度に入れない方が良いです。なぜなら、人によっては、全部入れると辛すぎて食べれん!という事態になりかねないので・・・。また、作ってから時間が経つと味が馴染んで辛みも収まるからです。

なので、食べる直前に辛みを決めるのがベストです。塩加減は最後に決めるのと同じ考え方です。
(塩加減に関する過去の記事 http://spice-ganesh.com/indiacurry-bonshankar/tirivia-of-spice/2016-08-18/

少し面倒ですが、食べる分だけ別の鍋によそって、温めながら少しずつカイエンペッパーを足してください。こうすれば、辛いのが苦手な方がいる場合でも大丈夫ですね。ちなみに、スパイス全般に言えることですが、熱を加えないとスパイス本来の香りを引き出せないので、盛り付けたカレーの上にパラパラ振り掛けるのは、あまりお勧めできません。

また、当店のスパイスは油分が多いので若干溶けにくいですが、味噌汁の味噌を溶かすように、おたまで溶かしながら入れてください。こうすれば、粉っぽくならないし、すぐに辛みが馴染んでくれますよ。

カイエンペッパーには、辛みを演出するだけでなく、他のスパイスとの結びつきを強くする素敵な効果があります。辛みを意識することで、一段上の美味しいインドカレーを作ることができますよ!

 

この記事に関連するページ

カイエンペッパーパウダーの商品詳細はこちら>>

スパイスから作るインドカレーは、塩加減が命!

 

 

カテゴリー

タグ

最近の投稿

店長 大竹 慧
店長の大竹 慧(おおたけさとる)です。スパイスのことやインドカレーレシピなど、皆様の生活の中でご活用頂けるようなお役立ち情報を発信していきます。
スパイスのガネーシャについて>>